music studio bamboo

福岡市南区 大橋駅近くの音楽スタジオ Bamboo のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
English Here
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その名は Splash!

to-ra.jpg
ついに10月9日(土)にYo-RAのファーストCD「Splash」がリリースされます!
そして、この日に発売記念コンサートもやります。残券多数あり!(笑) みなさまのお越しをメンバー一同心よりお待ちしております!




スポンサーサイト
English Here
  1. 2010/10/07(木) 23:46:13|
  2. CD紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4番 ファースト CD?

わたしがリーダーを務めるバンド、Yo-RAのファースト・アルバム「SPLASH」のマスタリングが、終了いたしました。ファーストということは、セカンドがあるのか?と言われるとなんともいえませんが、とりあえず、一枚目なので (笑) 10月くらいにリリース予定です。ぜひ一家に一枚!

水11-2
バンドのメンバーはもちろん、スタンレー・ミュージックの宮崎さんをはじめ、たくさんの方の助けをいただき、やっとここまでたどり着けました。この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m


A5横
もちろんやります、CD発売記念ライヴ!
10月9日(土) 赤坂 BACKSTAGE
19:00open 20:00start charge 2500yen
Yo-RA
田中克紀 (gt)
錦戸洋之 (pf)
ZUNNY (ba)
山部三喜男 (ds)

なんと、この日はZUNNYの誕生日なのです。ZUNNYとYo-RAの初CDを祝いに来てください。お待ちしてま~す!
ちなみに、明日も中洲River Side でもやります。こちらもよろしくお願いします!


English Here
  1. 2010/09/16(木) 02:21:08|
  2. CD紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のおすすめ!

かなり前に買ったCDです。
heart_to_heart.jpg
HEART TO HEART、今これを聴きながらブログ書いています。
B B King Diane Schuur のデュエットで、ソウルやジャズのスタンダードをオシャレなアレンジで歌いあげています。B B King はオシャレでブルージーな曲をやると、歌もギターもたまりませんね。ギターソロなんか、胸キュンものです。(笑) KEYの問題もあるのかもしれませんが、Daine Schuur はちょっと高音が耳について、いまひとつ好きになれませんけど、ふたりでいい雰囲気は出してます。
確かではありませんが、ドラマーはビニー・カリュータだったと思います。JEFF BECKやZAPPのところで叩いてた人とは思えないほど、渋いドラムを披露してます。一流の人は歌バンもうまいんですね。さすが!



English Here
  1. 2010/07/04(日) 02:21:05|
  2. CD紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渾身のファーストアルバム

じつは6月の最初くらいにでてたみたいなんですが、2日まえくらいに時間を1時間まちがえてきたマー君から入手しました。
080724_1924~01
職場でCDを売ったら、同じところで働いてるメンバー2人はみんなわかるらしいんですが、彼はジャケットを見ても同一人物とわかってもらえないらしいです。(笑)
きっとメガネかけてるからだから、普段からコンタクトにしたらと言ったら、前にコンタクトをはずしていて、角膜もいっしょにはがしてしまし、長く装着できないとか。怪談話でもないのに鳥肌が立った話でした。(笑)
コンタクトはライヴの時、限定らしいので、メガネをしてないマー君を見れるのはライヴ会場でだけということですね。いざ行こう、BAT SHOTのライヴへ!

080724_1958~01
そして彼らの渾身の1枚がこれ!その名も To Love
なぜかSPECIAL THANKSに僕とスタジオの名前をいれてくれてます。ありがとう!
はばたけBAT SHOT!売れろ To Love English Here
  1. 2008/07/27(日) 13:06:32|
  2. CD紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アコギ一本でビートルズ!

いままでギターを弾いてきていろんな人のプレイを見たり聴いたりしてきて、こんな風に演奏したかったんだ!と思ったギタリストが1人だけいました。もちろんすばらしいプレイヤーにいっぱい出会ったわけで、漠然とこんなに弾けたらいいなあ、と思う人はいっぱいいるわけです。なんというか、聴いたときに先を越された感をかんじたといいますかね。べつに具体的に考えていたわけでもないんです。ただそう思った人で Ed Bickerd というカナダの人がいました。
もちろん、すごく年配の人で僕なんかがギターを弾き始めるずっと前からそういうスタイルを築いてたでしょうから、先をこされたなんて思うもはおこがましいんですが。(汗)

080610_1821~01
今回これを聴いたときもそう思いました。
こんな風にギターでビートルズの曲を演奏したいとおもってたなあ・・・と。告井延隆さんという方でライナーノーツを読むとなんか共感できることをかいてありました。まあ僕はできたらいいなあ、とおもってってただけで、それをあきらめずにやってた人がいたわけです。演奏もすばらしい!これを聴いてギターを弾き始めた頃の気持ちがよみがえってきて、最近少し純粋な気持ちでギターを弾いてます。ありがとうございます、告井さん!あきらめずに少しずつでもやっていこうと思ってます!

English Here
  1. 2008/06/10(火) 19:08:43|
  2. CD紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

music studio bamboo

Author:music studio bamboo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

bamboo web home

logo01.gif

↑Click to fly to our HOME!↑

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。