music studio bamboo

福岡市南区 大橋駅近くの音楽スタジオ Bamboo のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
English Here
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の夜明けぜよ~

090520_1058~02
司馬遼太郎氏の小説「竜馬がゆく」を読んで、漠然といってみたいなあ、とは思っていましたが、ひょんなことから本当にいってきました、四国は土佐の桂浜!
さっそく坂本竜馬像を見に。個人的には自由の女神を見たときよりも強いインパクトがありました!なにせファンですから!(笑)
海の向こうを見つめる目は意志の強さと心の柔らかさみたいなものが感じられ、まるで竜馬に会ったかのようでした。

090520_1153~01
090520_1103~01
もちろん桂浜もいい所で、砂というより砂利みたいな浜で、波が退くときには、チュリチュリといい音がして、座っているだけでも退屈しません。
はじめて来たのに、見たことがあるような風景でそこに竜馬がいるような錯覚を覚えたのは、きっと司馬遼太郎氏の表現力のせいかもしれません。
こんな浜に座って考えごとをしたら、竜馬のような壮大な構想が浮かびそうな気がしたのも、錯覚かもしれませんね (笑)



スポンサーサイト
English Here
  1. 2009/05/22(金) 16:20:18|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHANGE!

前のブログで紹介した、末松一人帰省ライヴ CHANGE は無事に終了いたしました!たくさんの方に来ていただき、大盛況のうちに終わりました。ご来場いただいた方はもちろん、Sunrise Cafe'のスタッフのみなさん、ほんとにありがとうございました!
今回は中村哲さんというすばらしいサックスプレイヤーまで参加していただき、ほんと楽しませてもらいました。なにせお客さんはもちろん、共演者も中村さんのプレイに釘付けでしたから。

090516_2357~01
ということで、中村さんとのツーショット!また、いつかご一緒できたらうれしいです!

090516_2355~01
ベースの大川さんともツーショット!5、6年前にいっしょにバンドやってましたが、今回ひさしぶりの共演でした。病気していたと聞いて、心配してましたが、お酒もラーメンもバリバリ飲み食いしていて、元気そうで安心しました。 (笑)

実はこのライヴの2日前に多少メンバーを違えての、浅原伸 featuring 中村哲@NEW COMBO なるライヴもやったのでした。もちろんタイトルにあるように会場は NEW COMBO
浅原さんともひさしぶりのライヴでした。ありがとうございます!

090514_2103~01
この日は私と末松氏は多少出番が少なく、こんな写真も撮れたわけです。私においては、1音も出さないギターソロなどもありましたから。(笑)

090515_0324~01
打ち上げ後、愛し合う二人~ (笑)

090513_2138~01
最後に今回の仕掛け人、末松氏登場!おつかれさんでした~
またね!



English Here
  1. 2009/05/18(月) 23:57:43|
  2. ライブ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人的なライブ情報ですが

ひさしぶりに東京で活躍中のギタリスト 末松一人 とライブをやることになりました!

090505_1342~01
元福岡で活動していたラバー・フェニックスのドラマー 内田裕之 と今回の目玉、四人囃子、プリズムなどで活躍していたサックス奏者 中村哲さん も参加してくれます!サックスやってる人はもちろん、キーボーディストも必見のライブです!迎える福岡勢はベース大川善図さんと私。楽しみだなあ~

[詳細]
5月16日(土) 
Sunrise Cafe' (久留米市西町 1195-8  TEL0942-32-0467) にて
19:00open 20:30start
Music Charge \1,500(要1ドリンクオーダー)

[メンバー]
末松一人 (gt)
大川善図 (ba)
田中克紀 (gt)
内田裕之 (ds)
中村哲 (sax, key)

中村哲プロフィール
1954年さいたま市生まれ、10代からプロ活動を開始
主な参加バンド・・・安全バンド、四人囃子、PRISM、井上堯之Water Band、松岡直也We Sings
主な参加ツアー・・・沢田研二、キャンディーズ、EPO、山下達郎、大貫妙子、高中正義、夏川リミ、吉田拓郎、中島みゆき
アレンジ+プロデュース・・・久保田利伸、米米クラブ、中森明菜、辛島美登里、夏川リミ、中島みゆきなど多数 English Here
  1. 2009/05/05(火) 14:30:04|
  2. ライヴ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先月のことですが・・・

最近「これすごいでしょ?」と見せて驚かれる写メがこれです。

090416_1933~01

だいたい、どうやって食べたか訊かれます。実際でてきたときは、どうやって食べたもんか、考えましたよ。ひさびさに行った山口は湯田温泉街にあるポルシェというライヴハウスの近所にあるラーメン屋さんでのことでした。
夕方ちかくに到着した我々はリハの前に足湯に行き、熱めのお湯に足を浸して旅の疲れを落とした後、軽めのリハーサル。その後ZUNNYとママからきいたラーメン屋さんに、たしか来来軒とか来来亭とかいう名前だったような。そこで注文したネギラーメンがこれ!京都のなんとかっていうネギでした。(笑) スープはしょうゆ味でしたが、背油が浮いていてちょっとこってりで好きでした。麺はかなり軟らかく、軟いのが好きな僕でも軟らかすぎでした。ZUNNY曰く、博多者やったらバリ硬でも物足らんかも、らしいです。ちなみに替え玉もありません!ところかわれば、てことですかね。
でも、またポルシェに行ったら食べようかな、こんどは硬麺にして・・・

English Here
  1. 2009/05/05(火) 01:48:26|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がんもロックン・ロール!

今朝いつものように新聞を開いてみると、「忌野清志郎さん死去」の文字が目にはいってきました。彼のファンだということもなく、ヒット曲くらいしか知らない僕ですが、なにか悲しい気分になりました。最近は言われなくなりましたが、若いころはよく似ていたらしく、お兄さんじゃないかとか言われたりしてたもんですから、かってに親近感をおぼえていたりしたからかもしれません。
それだけでは決してなく、彼の言動とか行動、もちろん曲には、なにか世間を批判したり、小馬鹿にしたようなところがあり、それが強者に対して向けられていたような気がしていました。それも暗い感じがなく、どこかユーモアがあって、シャレてましたね。ファンじゃない僕がいうのもなんですが、それがデビュー当時から一貫してあったように思われます。

20090503-00000011-sanspo-ent-thum-000.jpg
癌が腰に転移したときに「妙に前向きになるのはなぜだろう。心配はしないでくれ。このくらいのことは覚悟してた」といってたそうです。この言葉に人間性というか、大きさを感じました!
ご冥福をお祈りいたします。   合掌

English Here
  1. 2009/05/03(日) 18:54:52|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

music studio bamboo

Author:music studio bamboo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

bamboo web home

logo01.gif

↑Click to fly to our HOME!↑

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。