music studio bamboo

福岡市南区 大橋駅近くの音楽スタジオ Bamboo のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
English Here
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伏兵あり!

その日Kは高まる気持ちを静めるかのように、冷たい水で顔を洗っていた。今日のライヴはきっといいものになる予感がしていたからである。それは根拠のないものではなく、数ヶ月前から続けているこのユニットがライヴを重ねるごとによくなっていく感触を感じていたからである。そしてそれは今日ピークをむかえるかのようにKは感じていた。
昼過ぎには初めて演奏する下関にあるライヴハウスに向かった。その日から始まる高速道路の新しい割引でなにか得した気分で会場に入り。問題もなくリハーサルを終え、階下にある中華料理店でうわさのレバニラ炒めで腹ごしらえして、仲間と談笑しつつ開演を待っていた。開演10分前、会場のドアを開けると客席は末席まで埋めつくされていた。それを見たKは今朝の予感が確信に変わるのを感じたのである。
ギターのチューニングを終え、静かに1曲目の曲を爪弾き始める。ほどよい緊張感と集中力が高まるにつれて訪れる幸福感に酔いしれながら、ステージは進み、いよいよ1stセットの最後の曲、My Favorite Things へとなったのである。ここまでの演奏が朝の予感通りだったのは、演奏者に送られる拍手が証明していた。メンバー紹介の後、曲が始まると会場は最高潮へと達した。そしてギターソロへ!Kは感情に身を任せ、開放弦を生かしたソロを展開してゆく。気持ちがのっているためか、いつもよりソロが長くなったその時、ここ十何年とおこらなかったことが・・・
弦がパツっというにぶい音をたてて切れたのである、それも3弦が。もちろん2ndセットが残っているにもかかわらず、何年も切ったことがなかったため、予備の弦を持ってきていなかったのである。
高まった気持ちがいっきに冷めていくのがわかった。脇の下を流れる一筋の冷たい汗、一瞬の間に汗でぬれてしまった背中、乾いた唇、さっきまでとはまるで違う無機質に弦をストロークする右手。
ああ、こんな時に切れるなんて・・・
Kの中に響く言葉があった。
備えあれば憂いなし!
しかし、時はすでに遅いのである。後悔先に立たず!

081224_1957~01
これは事実に基づいた物語ですが、かなり誇張された表現がふくまれています。あしからず m( _ _)m


English Here
  1. 2009/03/31(火) 03:40:09|
  2. ライブ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<反省期? | ホーム | WBC 優勝!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://musicbamboo.blog28.fc2.com/tb.php/271-939ad4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

music studio bamboo

Author:music studio bamboo
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

bamboo web home

logo01.gif

↑Click to fly to our HOME!↑

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。